大学 医務室 採用

大学の医務室に看護師として採用されるためのアピールポイント

大学の医務室に看護師として勤務を希望するとき、採用のため重要なポイントとなるのは、看護師としての幅広いスキルが備わっているかです。大学の医務室に勤務する場合、主な業務となるのは学生や教職員の急な病気やケガなどへの対応と、健康に関するカウンセリングです。場合によっては、学内の健康を保つために必要な施策の提案を受け持つ場合もあります。

 

大学の医務室においては、体調面の他に心理面でのケアも必要となるケースが多くなります。そのため、看護師の資格の他に心理学関連の資格を取得していたりすると、採用時に大きなアピールポイントとすることができます。資格の取得以外にも、以前に精神科勤務をしていたなどの経験も同じく有利です。

 

多くの大学では、採用をする場合看護師の職務経験、特に臨床経験を重視する傾向にあるようです。ただし、必ずしも以前に保健室や医務室を経験していた方が有利というわけではなく、医務室勤務未経験であっても医療施設で看護経験があれば特に問題とはされずに採用になるケースがほとんどです。

 

大学での医務室では、臨床心理士やカウンセラーが別に勤務していて、そちらと連携をとりながらの業務となることもあります。そのため、看護師として勤務する場合には、他職種とコミュニケーションをとりながらきちんと連携がとれるかどうかも重要となってきます。大学の医務室の組織形態はその学校によって大きく異なるため、臨機応変な適応能力があることも求められるポイントです。

看護師の医務室求人.com|企業・学校・保育園の職員募集情報はココ!