保育園 医務室 看護師 園内行事

保育園の医務室で働く看護師の園内行事への参加

保育園は行事が非常に多く、運動会・発表会・遠足など、様々な行事があります。保育園の医務室で働く看護師の場合、アルバイト・パートの方は除いて、基本的に参加するようになります。参加と言っても、色々な内容で参加するようになります。

 

まず、行事の企画段階で、看護師の観点から体調不良や怪我などの事故が起きないように、安全面・衛生面の注意点や、改良点などの意見、行事の最中に事故が起きた場合の対処法などを提案するようになります。

 

保育士さんは、健康や医療に対する詳しい知識がないので、詳しく説明し、納得してもらう必要があります。また、保育士の観点からの意見も受け入れ、お互いの意見を尊重しながら、最善の策を考える必要があります。

 

行事が始まると、基本的には事故が発生した時の為の準備をしておき、怪我や体調不良が発生した園児の応急処置を行い、医務室の対応だけでは不十分な場合は、担当の保育士と連携して、保護者への連絡や、病院に連れて行ったりするようになります。

 

また、保育園によっては、事故が発生しない限りは、保育士と同じように園児に混ざって行事に参加するようになることもあります。行事が終わると、事故が発生したかどうかの確認を行い、発生したのであれば、なぜ発生したのか、今後発生しないようにするにはどうしたら良いかということを検討し、保育士や園長に報告したり、保護者への説明を行ったりするようになります。何も事故が発生しなければ、次回の行事の際の参考になるように、今回の内容をデータとして保管しておくようになります。

 

遠足の時は、必ず同行するようになります。これは、遠足の途中で園児の体調が悪くなったり、怪我をしたりした時の為に救護として同行する必要がある為です。この時に気を付けておかないといけないことは、遠足のルートを把握し、最寄りの病院を確認しておくことです。遠足の途中で、怪我をしたり、体調が悪くなった園児が、応急処置では済まない場合、早急に病院に連れて行く必要がありますので、必ずルートを確認し、最寄りの病院を把握しておくようにしましょう。

看護師の医務室求人.com|企業・学校・保育園の職員募集情報はココ!