企業の医務室で働く産業看護師と産業保健師との違いは?

企業の医務室で働く産業看護師と産業保健師との違いは?

企業の医務室で勤務する場合、産業看護師として求人が出ている場合と、産業保健師として求人が出ている場合があるのですが、看護師と保健師に違いはあるのでしょうか。まずは看護師と保健師の働き方がどれだけ違っているかを見ていく必要があります。看護師の場合には、知っての通りに医師の補助や簡単な検査、病院の案内や入院患者の世話など、多岐に渡った業務を行う必要があります。

 

それに対して保健師というのは、基本的には健康に関する指導やメンタルケア、衛生指導や安全指導などを中心に行う仕事となっているので、看護師と保健師では全く業務内容が違ってくるのです。しかし、民間企業の医務室で勤務する場合には、基本的に看護師として就職した場合も、保健師として就職した場合も、同じような仕事を行う必要があります。

 

よって産業看護師と産業保健師はほとんど変わらない仕事内容になっているのですが、多くの企業では産業看護師の求人を出していることが多いでしょう。しかし、メンタルケアや健康指導などを徹底して行っているような企業の場合には、保健師に限定して求人を出していることもあります。

 

看護師の求人を出している場合には、看護師だけではなく保健師でも応募することが可能なのに対して、保健師の求人を出している場合には、看護師の資格では応募することはできなくなっています。なぜなのかというと、保健師の資格を取得するためには、必ず看護師の資格も持っていなくてはいけないので、保健師というのは全員看護師資格を保有しているため、看護師の求人にも応募できるのです。

 

しかし、産業看護師と産業保健師の仕事内容は基本的に同じですし、待遇面でもあまり差が出てしまうことはないのですが、保健師の資格を持っていることで、産業看護師の求人でも産業保健師の求人にも応募することが可能になるため、当然保健師の資格を持っていた方が確実に民間企業の医務室で勤務できます。中には看護師と保健師の両方を採用している企業もあります。

看護師の医務室求人.com|企業・学校・保育園の職員募集情報はココ!