企業 医務室 採用

企業の医務室に看護師として採用されるためのアピールポイント

一般企業の医務室に勤務を希望する場合、アピールポイントとなるのはどんなところでしょうか。通常の医療機関への就職・転職と違い、一般企業の医務室勤務では看護そのものの経験の他、企業内で役立つスキルを求められることが多くなります。志望動機と合わせ、適切な自己アピールができるようにしておきましょう。

 

一般企業の医務室に勤務する場合、まず過去に医療機関などで看護師として十分な経験があることが求められます。というのは一般企業の医務室では常駐する医師や看護師は多くても数名程度で、ほとんどの場合は自分一人だけとなります。そのため万が一の事態が起きたときには自分の判断だけで対応を迫られることにもなるので、臨床の現場における経験や知識があることが必要です。ただし、一度現場から離れある程度ブランクがあったとしても、以前の経験が十分なものであれば間隔の長さを厳しく問われることはないでしょう。

 

さらに近年の企業の国際化の動きもあることから、企業看護師として勤務するとき、何らかの外国語の能力が求められることもあります。看護行為に必要な英語・中国語・韓国語など、一つだけでも堪能な語学があると大変役立ちます。

 

「やっぱりハードルが高そう…」と感じる方もいるかもしれませんが、基本的に企業看護師ではそれほど高い看護能力が必要というわけではありません。大切なのはどちらかと言えば、企業の方針や個別の状況に適切に対応することができるという柔軟さです。コミュニケーション能力などが備わっていることがアピールできれば、かなり採用はされやすくなります。

看護師の医務室求人.com|企業・学校・保育園の職員募集情報はココ!