企業内医務室の第二新卒・新人看護師の採用傾向

企業内医務室の第二新卒・新人看護師の採用傾向

看護師が企業内医務室で勤務するためには、応募する上で経験や資格などが求められると思われがちです。実際の業務において、産業保健分野に関する知識や経験が重要であるからです。当然、即戦力を求める求人ではそうした知識や経験が採用を左右します。しかしながらどのような求人であっても、経験者ばかりを対象にしているわけではありません。新しい人材を育てていく必要もあるのです。産業保健分野は近年、注目を集めている分野でもあります。経験が浅い第二新卒や新人の看護師にとっても、チャンスは十分にあるということができます。

 

人材を育てるという観点から、組織の中で働きながらキャリアアップすることができるような求人は、第二新卒や新人の看護師にとってひとつのねらいめです。製造業などの大企業では、医務室に採用されるとはじめは診療介助や診療所の受付業務などを担当し、経験を積むとともに従業員の健康相談や保健指導、メンタルヘルスケアなどといった産業保健分野の業務も担うようになります。また複数の看護師が働いている医務室、業務の拡張にともない増員されるといった場合でも、働きながら業務を学ぶことができます。実際にこれらの求人では、未経験であっても応募することができる案件が多くあります。

 

しかしながらいくらチャンスがあるといっても、企業の医務室における勤務を目指す理由があいまいであれば、採用につなげることは難しいでしょう。近年の産業保健分野では、職場環境の安全衛生を図るといった重要業務のほか、予防医学の観点やメンタルヘルスケアが重視されています。こうした流れは、最近の世の中における動向とも密接に関係しているものです。治療を重視する病院などの医療機関で働く場合とは、また違ったものになります。こうした中で自分が企業の医務室で勤務したい理由、そして第二新卒や新人といったように看護師としての経験が浅いからこそ業務を通じて自分がどのように成長していきたいのかを明確にして、アピールすると良いでしょう。

 

こうしたことを明確にするためには、転職活動と並行して産業保健分野への知識を深めることも効果的です。特に、予防医学やメンタルヘルスケアへの理解を深めることがプラスになります。

看護師の医務室求人.com|企業・学校・保育園の職員募集情報はココ!