看護師として大学医務室に採用されるために持っていると有利な関連資格

看護師として大学医務室に採用されるために持っていると有利な関連資格

看護師が大学医務室で勤務するにあたっては看護師そのものの資格を除き、特別に資格が必要とされることはそれほどありません。しかしながら求人があれば募集が多く集まるため、応募するにあたっては少しでも採用につながるようなアピールポイントが欲しいところです。業務に活かすことができるような資格は知識や能力があることの証明として、有効なアピールポイントになります。

 

近年の大学医務室においては、学生や教職員に対するメンタル面での支援が重要な業務のひとつになっています。社会環境が変化するにともない、大学を取り巻く環境や課せられる役割も変化していることから、メンタル面で不安のある教職員や学生は増えているのです。こうしたことからも、メンタルヘルスケアに関連する資格は業務を行う上で有利になると考えられます。臨床心理士や学校心理士といった資格のほかにメンタルヘルス・マネジメント検定、メンタル心理士などといった多くの資格があり、通信教育によって在宅で勉強することも可能です。また福祉職になりますが、社会保障制度などの社会的なリソースを利用して精神障がい者の自立支援や生活相談を行う精神保健福祉士も、関連する資格となります。

 

大学医務室ではメンタルヘルスケアのほかに、教職員や学生の健康面に関する相談も受けています。予防医学や健康に関して指導することができるような知識があると、プラスになるでしょう。健康相談や健康指導には保健師が求められる場合もあり、看護師だけでなく保健師の資格を持っていると、さらに選択の幅を広げることができます。また、小中学校や高等学校の保健室で勤務するために必要な養護教諭の免許は、学校保健の全般について理解がある証明としても有効です。

 

そのほか、多くの求人ではパソコンに関するスキルが求められています。メールで連絡し、パソコンで資料を作成することも多くなっている昨今では、大学の医務室で勤務する看護師もこういった業務に無縁というわけにはいきません。ワード、エクセル、メールの基礎は覚えておきたいところです。

看護師の医務室求人.com|企業・学校・保育園の職員募集情報はココ!